GMOクリック証券がスプレッドを縮小!米ドル円0.5銭原則固定に

GMOクリック証券のスプレッド

12/21にGMOクリック証券が10通貨ペアのスプレッドを縮小しました。米ドル円のスプレッドは0.8銭原則固定から0.5銭原則固定と一気に0.3銭縮小です。

他の通貨ペアを見てみても、ユーロ円は0.9銭、ポンド円1.5銭、豪ドル円1.4銭の原則固定スプレッドに

やはり、特筆すべきはポンド円ですね。一気に1銭縮小となっています。ポンド円は元々アクティブトレーダーに人気の通貨ペアだったのですが、米ドル円やユーロ円に比べてスプレッドが広いために取引しづらくなっていました。金融先物取引業協会が公表している取引数量のデータでも、米ドル円やユーロ円、豪ドル円に比べて取引量は少ないです。

ただ、ポンド円の取引が増えるかもしれません。米ドル円なんかに比べて値動きが大きく短期でも十分な利益幅を狙えるので、GMOクリック証券のポンド円スプレッド1.5銭原則固定はかなり取引しやすいんじゃないでしょうか。アクティブトレーダーの方にはお勧めです。

現在のFXブログはこちら ▶ FX初心者から読める元FX業者のブログ

2011年12月22日 22:11 | GMOクリック証券 , スプレッド

投資理論・分析手法
FX業者を勝手に評価
カテゴリー
過去記事
  • ライブドアブログ
ページトップへ